IT系の学生を集めて「名古屋をもっと盛り上げよう」と立ち上がったOthloTechが、昨年開催した「OthloHack 2018」には50名を超える学生が集まり、東海最大規模の学生限定ハッカソンとなりました。

昨年に引き続き、今年もOthloHackを開催します!!

OthloHack 2019には、アイディアを形にしたい気持ちと、まだ見ぬ仲間と1つの事に熱中したい思いがあれば、エンジニア・デザイナー問わずどなたでも参加いただけます。

「チーム開発とかしたことないし...」「モノづくりは好きだけど、いつも1人でやってるし...」そんな方でも、安心して参加いただけます。昨年に引き続き、現役のデザイナーやエンジニアのメンターがいるので、必要に応じてメンターのサポートを受けながら開発を進めることができます。

OthloHack 2019では、当日発表されるテーマに沿ったプロダクトを3日間で開発をしていただきます。作るものはWEBサービス・アプリ・ゲーム・IoTなど、特に限定はしませんので自由に発想して、チームで一丸となってプロダクトを作り上げ、圧倒的成長を成し遂げましょう!

  • 日程

    11/1(金)
    11/2(土)
    11/3(日)

  • 場所

    ワンダープラネット株式会社
    名古屋本社

  • 参加資格

    学生(21年度卒以降)

  • 参加費

    無料

  • 優勝賞金

    ¥100,000

仮登録をする!

当日のスケジュール

1日目 - 11/1(金)

  • 18:45
    会場受付
  • 19:00
    オープニング・協賛企業紹介
  • 19:30
    アイスブレイク・アイデア出し
  • 20:40
    1日目終了

2日目 - 11/2(土)

  • 09:30
    開場
  • 10:00
    参加者集合・アイデア出し開始
  • 12:00
    ゴール宣言
  • 13:00
    ランチ
  • 14:00
    メンター相談タイム
  • 15:00
    休憩・交流会
  • 19:00
    ディナー
  • 20:40
    2日目終了

3日目 - 11/3(日)

  • 09:30
    開場
  • 10:00
    参加者集合
  • 12:00
    ランチ
  • 17:00
    開発終了
  • 17:10
    協賛企業紹介
  • 18:00
    最終的発表
  • 19:30
    懇親会
  • 20:00
    結果発表
  • 21:00
    クローズ
開催概要
開催日程 2019年11月1日(金) - 11月3日(日)
開催地 ワンダープラネット株式会社 名古屋本社[Google Maps]
本登録期間 2019年9月1日 - 10月25日
参加対象 高校生・大学1年生 - 3年生・進学予定の大学4年生・大学院1年生など、2021年3月以降卒業予定の学生(社会人学生の参加はご遠慮ください)
募集人数 40名程度
グループ参加について 3人までのグループであれば、同じチームになるようにチームビルディングをします。本登録の際、応募フォームにグループ名をご入力ください。
ハッカソンテーマ 当日発表します
参加者にご用意頂くもの 作品制作に必要となるPC
OthloTechが提供できるもの Wi-Fi(インターネット接続)、電源、2日分のランチと軽食
参加費 無料
審査項目 以下条件のもと審査員が上位のチームを選考します。
  • テーマに沿っているか、創造性に富んでいるか
  • デザインが優れているか
  • 技術的な工夫が多いか
  • プレゼンはどうか
賞品 優勝賞金: 10万円、協賛企業賞(最大6つ)
アクセス
  • 名古屋市営地下鉄 東山線/名城線「栄」駅・名鉄瀬戸線「栄町」駅、地下街より直結
  • 電車にてお越し場合、「広小路通り北側(栄町ビル・国際ホテル)」の看板に沿って栄町ビルへ入り、1F奥のエレベーターより、11Fオフィスまで直接お越しいただけます
  • お車にてお越し場合、当ビルの隣にコインパーキング(タイムズ錦3丁目)がございます
Q&A

お問い合わせは、公式ページのお問い合わせか、Twitterのダイレクトメッセージからお願いいたします。

Q. チーム参加は可能ですか

OthloHack2019では運営が事前にチームビルディングをしますが、3人以下のグループであれば同じチームになるようにビルディングします。

Q. 1チームの人数は決まっていますか?

1チームあたり、4〜5名のチームになります。

Q. エンジニア以外(デザイナー・プランナー志望)の学生でも参加できますか?

企画、UXデザイン、アプリのUI設計などエンジニアリング以外にもたくさんの役割があります。昨年は、参加者の2割くらいがデザイナー志望の学生でした!

Q. どのくらいの技術力が要求されますか?初心者でも大丈夫ですか?

ハッカソンでは、アイデアのブラッシュアップやプレゼン資料作成など開発以外に重要な役割があります。現役のデザイナーやエンジニアによるサポートもありますので、ぜひご参加ください!

Q. 1人での参加でも大丈夫ですか?

例年、半数以上が個人での申込みです。

Q. 途中参加は可能ですか?

TwitterのDMや、お問い合わせフォームから運営へご相談ください!

Q. 高校生は参加可能ですか?

高校生でもご参加いだけますが、16歳未満の方は保護者の方の同意が必要です。ご参加お待ちしています!